自然農法の考え

2018年10月30日

青森のリンゴ農家、木村秋則さんをご存知でしょうか?

農薬を利用しなければ、栽培が難しいと言われたリンゴを世界で初めて農薬や化学肥料を使用せず栽培し、今では入手が困難と言われる「奇跡のリンゴ」で有名です。

リンゴ農園の様子

きっかけは、木村氏の奥様が農薬に非常に敏感に反応され、体調を崩されたことですが、その道のりは苦難の連続だったそうです。

リンゴを農薬なしで栽培するといっても、ノウハウがある訳でも、まして「出来るかどうかも分からない」という状態です。 「本当に無農薬でリンゴを栽培出来るのだろうか?」という不安と闘いながら試行錯誤を繰り返すしかありません。結局リンゴ農家でありながら10年間りんごを栽培する事が出来なかったのです。

その試行錯誤の中から、元々自然に備わっている自然の摂理や植物の生命力に気づき、植生や土壌を活かした栽培方法を確立してきました。

自然農法のリンゴ

木村さんが、当時不可能と言われていた、化学肥料や農薬を利用しない栽培方法でリンゴの栽培に成功し、その後その栽培過程を【自然農法】と命名されました。

現在は、リンゴのみではなく、お米や野菜など様々な農作物に【自然農法】を応用されております。

木村さんも【農薬や化学肥料、除草剤を使用しない本当に体に良い自然農法】を広めるために、農業指導に当たりながら各地を奔走されております。

瀬戸内まいふぁーむでは、木村さんが培った技術や知識を正しく理解し、正しく実践する事を大切にし、情報発信や自然農法で収穫された作物を広めていく活動を行っております。

自然農法での野菜作り

Posted by shirokuma